オーブンレンジを使ってパンをおいしくあたためる方法を紹介します

オーブンレンジを使ってパンを生地から作り、役ことができます。

そうすると1から手作りの焼きたてパンを楽しむことが出来ます。

しかし、そこまで手間をかけなくても、オーブンレンジを使って買ってきたパンを美味しくあたためることが出来ます。

普通の電子レンジやトースト機能を使うのではなく、ほんの少しの知識と手間があるだけで格段に美味しいパンを楽しむことができます。

スポンサーリンク

レンジ機能でふんわり柔らかく

パンに柔らかさやふんわり感のみを求めるのならば、オーブン機能は使わずにレンジ機能だけで温めるのがおすすめです。

レンジ機能のパワーとパンの量や大きさにもよりますが、10秒から30秒くらい温めることでふわふわもちもちの食感のパンにすることができます。

パリッとした歯ごたえをパンに求めていない時はレンジ機能を少し使って温めるのがおすすめです。

あたためすぎに注意

パンを温める時にはあたためすぎに注意をしましょう。

加熱をし過ぎてしまうとパンの水分が飛んでしまって、パサパサになったり、カチカチになってしまったりします。

10秒ずつ様子を見ながら加熱をするようにしましょう。

とくに、パンが薄かったり小さかったりするときは慎重に調整を行うようにしましょう。

総菜パンは材料に注意

総菜パンを温める時にはどんな材料が使われているかについてよく見てみましょう。

黄身を潰していない状態の茹で卵や目玉焼きが乗っている総菜パンの場合は加熱し過ぎることによって破裂してしまうリスクがあります。

ジャムやあんこが大量に乗っているパンも加熱し過ぎでジャムやあんこが突沸してしまうリスクがあります。

生のフルーツや野菜が乗っている場合は加熱することによって水分が出てしまい、ベチャベチャのパンになるリスクもあります。

生クリームが乗っているパンならば生クリームが溶けだしてしまうでしょう。

本当に温めて大丈夫なのか、温める必要のあるパンなのかについて温める前に考えましょう。

パンを温める専用の容器もあります

レンジ機能を使ってパンを温めるための専用の容器もあります。

キッチン関係の雑貨などを扱っているお店や100円ショップなどで購入することが出来ます。

電気屋さんでもオーブンレンジや電子レンジの販売場所に陳列をしていることがあります。

簡単な造りですが、パンのおいしさを逃さないように電子レンジであっためることが出来る上、食べる時にはお皿代わりになるものもあります。

スポンサーリンク

食パンをパリッとさせる方法

電子レンジ機能だけを使って食パンを温めるとふんわり柔らかな食パンをたのしむことができます。

しかし、中はふんわり、外側はパリッと仕上げたいときにはオーブン機能を併用するのがおすすめです。

食パンが薄い場合はオーブンレンジのトースト機能を使えばいいですが、食パンが厚い場合はひと手間必要です。

オーブン機能だけで温めてしまうと全体が温かくなる前にパンの水分が飛んでしまってパサパサになってしまうからです。

これではぱりっとした食感どころではなくなってしまいます。

まずは従来通り短時間、食パンをレンジで温めます。

そして、そのあと、余熱を入れたオーブンで食パンを好みの焼き色がつくまで加熱します。

オーブンは必ず予熱をいれることを忘れないようにしましょう。

余熱を入れないまま温めると、食パンが焼きあがるのに時間がかかってしまい、パサパサになってしまうからです。

オーブンが温まるのを待っている間に

オーブンレンジのオーブン機能を使う時、余熱が入るまで少し時間がかかります。

その時間を利用して食パンをさらに美味しくたべるためにアレンジをするのもおすすめです。

たとえば、食パンの上にバターを塗ります。

食パンはあらかじめレンジ機能で温められているので、パターが塗りやすくなっています。

バターを先に塗ってからオーブンで焼くことによって、焼いている間にバターが溶け食パンに染みこみます。

食べる時にじゅわっとしたバターを感じることが出来ます。

また、ピザパンにするのもおすすめです。

ピザソースが無ければケチャップで代用することもできます。

そのほか、ハチミツやチョコレートソースは食パンが焼きあがってからかけても美味しいですが、あらかじめ食パンにかけてからオーブンで焼くのもおすすめです。

焼いている間にハチミツやチョコレートソースが食パンに染みこむので、食べる時に食パンを傾けてきても垂れることがありません。

また上手にパンを食べられない小さな子どもにも安心して与えることが出来ます。

フランスパンをパリッとさせて食べる方法

フランスパンをパリッとさせて食べる方法について紹介します。

フランスパンが1番美味しいのは焼き立てです。

すぐに食べない場合は風味が落ちるのを防ぐために適当な大きさに切り分けて冷凍をするのが良いでしょう。

冷凍をしていないパンの場合はそのままオーブンレンジのオーブン機能を使いますが、冷凍してあるフランスパンの場合はまずは電子レンジの機能を使って解凍をしましょう。

そして、フランスパンに霧吹きで水分を与えます。

これを怠るとフランスパンはあたためる時に水分が飛び過ぎてしまい、カチカチになってしまます。

もうこうなるとオニオンスープにつけ込んだり、フレンチトーストにしたりする以外には美味しく食べにくくなってしまいます。

霧吹きで水分を与える時には少し多いかしらと思うくらいが適量です。

霧吹きが無い場合は水に素早くくぐらせても構いません。

こちらもオーブン機能で十分に余熱を入れてからフランスパンを加熱させましょう。

クロワッサンをパリッとさせて食べる方法

クロワッサンはとても油分が多いパンなのでオーブンレンジで温める場合には焦げないように気を付けなければなりません。

短時間で温めるのがポイントです。

オーブンレンジが余熱であたたまったらクロワッサンを入れてすぐに扉を閉め、加熱を辞めます。

オーブンレンジの庫内に残った余熱で温めます。

クロワッサンが焦げそうな場合はアルミホイルで包むのがおすすめです。

充分に温まったらすぐに食べましょう。

カレーパンをバリっとさせて食べる方法

カレーパンにはいろいろなものがありますが、支持が高いのはパン粉が経っている状態のカレーパンです。

電子レンジ機能で中まで温めた後にオーブン機能の天ぷらやフライを温める機能ン切り替えてカレーパンを加熱しましょう。

よくキッチンペーパーなどで余分な油を吸い取ってから食べるとよりクドくなく美味しく食べることが出来るでしょう。

お皿もあたためましょう

せっかくパンをオーブンレンジをつかってパリッとするように温めたとしても、冷たいお皿に置いておくと、パンとお皿の間にできた水滴ですぐにしんなりとしてしまいます。

これではパンを美味しくあたためた意味がなくなってしまいます。

お皿にパンを置いてもしんなりするのを防ぐためにはお皿を温めるのがおすすめです。

パンと皿の温度差が無ければパンの下に水滴が発生しにくくなります。

パンを温めている時にオーブンレンジの上にお皿を置いておくとお皿が温まります。

まとめ

オーブンレンジを使うことでパンを簡単に美味しく温めることが出来ます。

ふんわりやわらかなパンが食べたいのならば電子レンジの機能だけを使いましょう。

表面をパリッとさせたいのならばまずは電子レンジで中まで温め、そのあとにオーブン機能を使って表面を焼き上げましょう。

この時に絶対に余熱を入れてからパンを加熱するのがポイントです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!